SPE

宇宙環境研究室Space Environment Laboratory

宇宙環境の現況監視及び予測技術の高度化と宇宙天気予報業務の実施

宇宙天気予報、それは宇宙にまで活動範囲を広げ、様々な宇宙システムの利活用を進めてきた人類にとって、無くてはならない技術になりつつあります。

太陽表面の爆発現象に端を発する宇宙環境の乱れは、地球磁気圏、さらには電離圏にまで影響を及ぼし、その結果、通信・放送インフラの障害や人工衛星の誤動作等を引き起こすなど社会インフラの安全性を脅かすこともあります。このような自然現象を「宇宙天気」と呼びます。

当研究室では、宇宙天気による災害の低減に資するため、宇宙天気の予測精度向上や実利用拡大に向けた、宇宙環境現況把握のための観測技術、予測のためのシミュレーション・データ同化・AI技術、ユーザニーズに沿うアプリケーション等の研究開発を行っています。

また、24時間365日休むことなく宇宙天気予報を発信する業務も行っています。

研究室長:津川 卓也

DSCOVR受信アンテナ

宇宙天気予報センター

関連情報

関連施設

電離層観測棟

(本部 東京都小金井市)

サロベツ電波観測施設

(北海道天塩郡豊富町)

山川電波観測施設

(鹿児島県指宿市)

大宜味電波観測施設

(沖縄県国頭郡大宜味村)

関連サイト