IEC活動推進会議議長賞の受賞

2024.6.25

2024年6月3日に行われた第34回IEC活動推進会議総会において、当研究所電磁波標準研究センター電磁環境研究室の藤井研究マネージャーがIEC活動推進会議議長賞を受賞した。本賞はIEC(国際電気標準会議)の標準化活動において顕著な功績・貢献した者に授与されるものであり、令和6年度の受賞者は7名であった。

藤井研究マネージャーはIECのCISPR(国際無線障害特別委員会)のA小委員会において技術的議論を主導する立場にあり、30 MHz以下の放射妨害波測定に関する規格の改訂作業に大きく貢献した他、新たなアンテナ校正法導入の議論をリードし、電源線や通信線を伝わる電磁妨害波測定法策定のための巡回比較試験を行い、さらに18~43.5 GHzまでの放射妨害波測定法策定への寄与等、積極的かつ広範な標準化活動が高く評価され受賞に至った。

電磁環境研究室では今後も引き続き国際標準化を牽引し、国内外における電波利用の発展に貢献していく。

【リンク】

受賞者及び関係者

受賞者及び関係者
(藤井研究マネージャー:後列右から1人目)

表彰状

表彰状