木原研究員が「2021年電気学会
電子・情報・システム部門研究会 優秀論文発表賞」を受賞

2022.9.13

2022年9月1日、当研究所電磁波標準研究センター時空標準研究室の木原亜美研究員が、2021年度電気学会電子・情報・システム部門(C部門)研究会優秀論文発表賞を受賞した。同賞は電気学会C部門研究会において優れた研究成果を発表した若手研究者を表彰するものである。木原研究員は、「次世代周波数精密計測に向けた基礎・応用研究開発」をテーマとして当該部門電子回路研究会において、冷却したイオントラップ中のイオンを使った干渉実験についての口頭発表を行った。

本研究はイオンを使ったジャイロスコープ開発に向けてイオンの3次元的な運動による量子干渉を世界で初めて示したものであり、受賞はその成果が評価されたものである。

発表論文名:運動量キックを与えたイオンによる3次元物質波干渉

【リンク】

受賞したメダルと木原研究員

受賞したメダルと木原研究員