電磁波研究所パンフレット2022
5/12

電磁波伝搬研究センター/Radio Propagation Research CenterDirector TSUGAWA Takuyaデータ同化 スキームアンサンブルカルマンフィルタひまわりSEDAデータベースHimawari SEDA database電離圏観測データ磁気圏モデルと衛星帯電モデルによる衛星表面帯電評価システム宇宙天気予報 https://swc.nict.go.jp大気圏電離圏シミュレーション・データ同化太陽風・太陽嵐シミュレーションSolar wind and solar storm simulation宇宙天気予報会議室航空機被ばく推定システム24時間365日、休むことなく宇宙天気予報を発信するとともに、大規模な現象や 特に地球や社会インフラに大きな影響が出る可能性がある現象が発生した際には、臨時情報も発信しています。航空運用や衛星測位、電波伝搬に影響を与える電離圏変動の監視や数値予測の高度化・高精度化に向けて、リアルタイム電離圏観測技術や大気圏電離圏シミュレーション及びデータ同化技術、電波伝搬可視化技術等の研究開発に取り組んでいます。We are conducting research and development of real-time iono-spheric observation technology, atmosphere-ionosphere simula-tion and data assimilation technology, and radio propagation visualization technology for monitoring and forecasting iono-spheric variations that affect aviation operations, satellite positioning, and radio propagation.太陽・太陽風と電離圏をつなぐ磁気圏の変動を把握し、衛星運用や電離圏予測に資するため、地上磁場観測や宇宙環境データベースの展開とともに、放射線帯予測モデルや磁気圏モデルの研究開発に取り組んでいます。Toward understanding of magnetospheric processes and contributing to satellite operations and ionosphere forecast, we operate ground-based geomagnetic field observation and space environment databases for the Japanese meridian, and conduct research and development of radiation belt prediction and mag-netosphere simulation technologies.宇宙天気の早期警戒・現況把握・予報を実現するため、太陽嵐発生の迅速な検出のための観測や、太陽嵐の地球への影響を予測するシミュレーション等の研究開発に取り組んでいます。To realize early warning, nowcasting, and forecasting of space environment disturbances, we are performing research and development, including the observation of solar storms for the early detection of their occurrence, and a simulation system to predict impacts of solar storms.次期気象衛星「ひまわり10号」に搭載する宇宙環境計測装置の開発を行っています。打ち上げ2028年、データ提供は2029年に開始予定です。宇宙環境は、太陽表面で起きる爆発(太陽フレア)などによって乱されることがあります。その際、衛星運用・通信・放送・電力・航空機運行などが影響を受けます。このような社会に影響を与える宇宙環境の変動を「宇宙天気」と呼びます。5Space Weather ForecastingIonospheric Observation and Forecasting TechnologyMagnetospheric Observation and Forecasting TechnologySolar and Solar Wind Observation System and Forecasting TechnologyDevelopment of Space Environment Monitoring Sensors for Spacecraft宇宙環境研究室では、宇宙環境の現況監視及び予測・警報を高度化する技術を開発し、社会インフラや宇宙利用システム等における電波の安定利用に貢献します。宇宙天気予報グループを設置し、電波の伝わり方についての観測と予報・警報の送信などの宇宙天気予報業務を着実に実施します。The Space Environment Laboratory contributes to the stable use of radio waves in social infrastructure and space utilization systems by developing advanced technologies for monitoring, forecasting, and providing warning regarding the space environment.We are monitoring space weather events and delivering forecasts 24 hours a day and seven days a week . When solar, geomagnetic, and iono-spheric events occur and are expected to marked-ly affect the Earth and social infrastructure, alert information is also issued.イオノゾンデ定常観測Ionosonde observationGNSS全電子数観測GNSS-TEC observation電波伝搬シミュレータ太陽・太陽風観測システムA suite of space weather sensors is under development as a hosted payload of the next Japanese geostationary meteorological satellite, Himawari-10, planned to be launched in 2028.Radio propagationSECURESSolar and solar windobservation systemSpace weather forecast briefing roomAtmosphere-ionosphere simulation and data assimilationsimulatorオーロラ予測マップAurora prediction mapby magnetosphere modelWASAVIES室長 津川 卓也宇宙環境研究室Space Environment LaboratorySPE宇宙天気宇宙天気予報業務電離圏観測・予測技術磁気圏観測・予測技術太陽/太陽風観測・予測技術衛星搭載センサ開発技術

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る