電磁波研究所パンフレット2022
4/12

NICT電磁波伝搬研究センター/Radio Propagation Research Center地上デジタル放送波の伝搬遅延による水蒸気量観測Observation of water vapor content due to propagation delay of terrestrial digital UHF水蒸気L帯風5〜10kmウィンドプロファイラ差分吸収ライダー用の光送信機Laser transmitter for differential absorption lidarX帯雨W帯雲周波数観測対象リモートセンシング研究室では、電磁波を用いたリモートセンシング技術による大気・地表面の状態把握と、その情報を活用した分析・予測等の研究開発を実施し、防災・減災をはじめとする社会問題解決に貢献します。は、電波を利用して対象物(雨、雲、地表面など)までの距離や方向、量や形状、移動速度、性質などを調べる装置のことです。4Optical Remote SensingAirborne Synthetic Aperture RadarGround-based Weather RadarSatellite-borne RadarIn the Remote Sensing Laboratory, we develop remote sensing technologies using electromagnetic waves to contribute to the prevention and mitigation of natural disasters.We are conducting research and development of radars of various frequencies, and we combine them to study the early detection and develop-ment mechanism of rapidly developing cumulo-nimbus clouds that cause sudden meteorological disasters.夜間や天候が悪いときでも、上空から高い空間分解能(<15cm)で広域(観測幅:5km以上)の地表面観測を行うことができる航空機搭載合成開口レーダーの研究開発を行っています。We are conducting research and development of an airborne synthet-ic aperture radar that can be used for observing the Earth’s surface with a large swath width (>5km) and a high spatial resolution (<15 cm), even at night or under adverse weather conditions.さまざまな周波数のレーダーを研究開発し、それらを組みあわせ、突発的気象災害をもたらす急速に発達する積乱雲の早期検知と発達メカニズムに関する研究を行っています。目への安全性が高い2µm帯の赤外線レーザー光を用いた遠隔計測技術の研究開発を行っています。特に、風と水蒸気を計測する差分吸収ライダーの研究開発に力を入れています。これらの技術は天気予報の予測精度向上に役立てられます。We are developing active optical remote sensing techniques using eye-safe infrared lasers in the 2 μm region. We are focusing on the research and development of differential absorption lidars related to wind and water vapor measurements. The techniques developed will be used to improve weather forecasting.グローバルな地球環境問題の解決に貢献するためにJAXAと協力して降水や雲を詳細に観測できる衛星搭載レーダー(TRMM /降雨レーダー、GPM /二周波降水レーダー、EarthCARE/ 雲プロファイリングレーダー)を開発してきました。We have been developing satellite-borne radars that can measure the global distributions of precipitation and clouds in cooperation with JAXA. The data obtained from those radars are important for devising solutions to global environmental problems. Precipitation radars for TRMM and GPM satellites have already been launched, and they provide long-term global precipitation information. A cloud profiling radar for the EarthCARE satellite is now being constructed. は、パルス状の光(レーザー光)を大気中に発射し返ってくる光信号を受信・解析することで、物質までの距離や量、移動速度などを計る装置です。broadcasting wavesWind Profiler Radar15cm分解能での田んぼの観測 Rice fields observation at 15 cm resolutionフェーズドアレイ 気象レーダー PAWR & MP-PAWRPhased Array Weather RadarHG-SPIDERプロトタイプおよび改良した2μm帯シードレーザPrototype and improved seed laser operating in the 2 μm regionTRMM衛星レーダー (上)とGPM衛星レーダー(下)から得られた全球の降水量分布Precipitation maps observed by TRMM's (top) and GPM's (bottom) radarsEarthCAREによる観測のイメージIllustlation of observation by EarthCARE雲レーダー Cloud RadarES-SPIDER室長 川村 誠治Director KAWAMURA Seijiリモートセンシング研究室Remote Sensing Laboratoryライダーライダー(Lidar: Light Detection and Ranging)レーダーレーダー(Radar: Radio Detection and Ranging)RES航空機搭載SAR地上気象レーダー光計測衛星搭載レーダー

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る