電磁波研究所パンフレット2022
11/12

DIOデジタル光学基盤研究室受賞名(授与団体名)2021/8/52021/9/142021/10/252021/10/292021/12/82021/12/212021年度 受賞実績2021/4/202021/6/12021/6/32021/9/32021/10/202021/11/302022/1/26お知らせ日2021/5/27受賞日受賞者タイトル研究室名宇宙環境IOP Publishing Outstanding Reviewer Awards 2020問い合わせ先研究室電磁環境研究室宇宙環境研究室宇宙環境研究室宇宙環境研究室宇宙環境研究室宇宙環境研究室時空標準研究室ワイヤレス電力伝送に対する電波ばく露評価法の国際標準化文書が発行 https://rri.nict.go.jp/news/20210803_iec.html木星高層大気の温度分布観測が明かした「惑星高温の■」解決の糸口https://www.nict.go.jp/info/topics/2021/08/05-1.html総務省「ひまわりの高機能化研究技術開発」に採択https://rri.nict.go.jp/news/20210928_himawari.htmlひまわり8号で夜光雲を観測する手法を開発https://www.nict.go.jp/info/topics/2021/10/25-1.html太陽面で大型のXクラスフレアを観測https://www.nict.go.jp/info/topics/2021/10/29-2.html宇宙の電磁波が地上に伝わる“通り道”を可視化することに成功!https://www.nict.go.jp/info/topics/2021/12/08-1.html協定世界時の歩度校正における光時計の優位性を実証https://rri.nict.go.jp/news/20220302_utc.html西塚 直人https://rri.nict.go.jp/news/20210615_award2.html鹿島宇宙技術センターhttps://rri.nict.go.jp/news/20210615_award1.html佐々木 謙介、渡辺 聡一、平田晃正(名古屋工業大学教授)電磁環境電子情報通信学会業績賞(一般社団法人電子情報通信学会)https://rri.nict.go.jp/news/20210803_award.htmlLiu Senhttps://rri.nict.go.jp/news/20211012_award.html和氣 加奈子https://rri.nict.go.jp/news/20220201_award1.html清水 悠斗https://rri.nict.go.jp/news/20220201_award2.html西塚 直人、品川 裕之https://rri.nict.go.jp/news/20220302_award.html用いて計測した高精度な顔計測データから成る映像を3D表示することに成功しました。時空標準第71回「電波の日」総務大臣表彰(総務省)Young Scientist Award(The International Union of Radio Science Union Radio-Scientifique ,国際電波科学連合)電磁環境電磁環境IEC1906賞(国際電気標準会議)電磁環境PEM Best Paper Award(電子情報通信学会 光応用電磁界宇宙環境2021年Highlighted Papers(Earth, Planets and Space(EPS誌))(IOP Publishing (Institute of Physics Publishing), 英国物理学会出版局)特別研究専門委員会)主任研究員涌波 光喜主任研究員市橋 保之112021年度 電磁波研究所その他のトピック・ホログラフィックフィルム1枚と複数のプロジェクタのみで透明ARディスプレイシステムを構成・高精度の顔計測データによるフォトリアルな3D表示を実現・3D表示を通じオンラインによるコミュニケーションへの活用に期待 ホログラムプリント技術(HOPTEC)を応用し、多人数が同時に3Dメガネなし(裸眼)でフォトリアルな3D表示を体験できる 透明AR(Augmented Reality)ディスプレイシステムを開発しました。 本システムは、NICTが独自開発したホログラフィックフィルム1枚と、複数台の小型プロジェクタから構成されます。 さらに、本システムに凸版印刷の保有する ライトステージをhttps://www.nict.go.jp/press/2022/01/31-1.html透明ARディスプレイに高精度計測データによるフォトリアルな3D表示を実現〜スキャンが不要、アルゴリズムの同時開発で自然な光の高速測定が可能〜2022年1月31日発表Research Results in FY2021 電磁波研究所 研究成果報告2021年度分

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る